読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫山節孝

最後には猫のお山で眠りたい

迷宮の出前館 パート2

このブログ、僕の脳の低性能から来る間違いがとんでもなく多いです。真面目に確認してるととんでもなく時間がかかりそうなので、書けたら勢いで上げてしまいます。
アップしてからもこまめに修正してますので、読んで頂いてる奇特な方々は前回のパート1から読み直して下さるとありがたいです。


前回は
出前館で頼んだ中華屋が怪しかったと言う所まででした。
以下最後の文です。

「料理をちゃんとやってないインチキ中華屋という事は分かった。サイト内の高評価は豪快なサクラということも分かった。出前の小僧すら怪しい事も分かった。
でも何故ここまで速すぎるのかの謎はまだ全く分からない。」

ここまで書きました。


で、続きは僕とカミさんの「人間不信噛み犬コンビ」+猫1匹が朝方まで睡眠時間を大幅に削り寝床で出前館のインチキ中華屋の謎を追ってみた話です。
追ったといってもネットでギャーギャー言いながら調べまくっただけなので、所詮浅ーい感じなので期待しないで下さい。

まず分かりやすい疑問から。なぜあんなにも速いのか?ここから推測していきました。
物理的にあそこまで速く届く訳がないのです。
とすると、店の所在地がもっと近いのではないのか?という事になります。

住所が違う?ん?じゃあ違う店から料理が来たんじゃないのかという予想が成り立ちます。

出前館内で家への配達可能の中華屋は数えたらキリがない位の数があります。
それでも夜中となるとそこまで多くは無いので家の近くで30分以内に配達可能の店舗をを幾つかピックアップしてみます。

成る程、数店舗あります。ざっと見てると、
あれ?この店とこの店、住所表記同じじゃない?(出前館では店舗の電話番号は分かりませんが、住所は明記されています。)
あれ?この店も…この店はこっちの店と一緒と、まるで神経衰弱のように…続々と出てきます。
また、あるお店とあるお店のメニューを見るとほぼ一緒。というかメニューの写真が一緒の写真。
あるお店は健康中華料理をうたい、ある店はチャーハン専門店をうたっているのですが、メニューは完全に一致。
でも住所は違う。

「あーそういうことね」 

住所が一緒で違う看板の店舗多数。
住所が違えども全く同じメニューと写真の店舗多数。しかもこれらがお互いを跨いでちゃんと繋がっていることが分かりました。
結局、非公開に実質同じ系列の店舗が違う名前でサイト内に凄く沢山あるのです。


カミさんがたしか最初に気付きました。でも知能の低い僕ですぐ分かるレベルの謎解き。


予想の確認の為に、今回出前館でたのんだ中華屋と近くの中華屋(30分以内にウチに出前可能な店)とをメニュー写真を照らし合わせて見ます。

ハイビンゴ。全く一緒。
あくまで推測ですが、こう言うカラクリ⬇︎


出前館で指名の店舗にネットで注文。
出前館から指名の店舗に注文の連絡。
指名の店舗から注文客宅の近隣の同じグループ(実質同じ店舗もしくは同じ系列)の店舗に注文を委託。
委託先で調理(苦笑)そこから配達
インチキインスタント料理がありえない速さでで到着。(値段は良い値段)
そりゃそうだ、注文の店舗と違うところから来てるのだから!


たしかにまともな調理をしていないので調理時間は凄く少なくすみます。
速いのも納得。マズイのも納得。
メニュー間違えるのも納得。だって間に2つも入るので間違って伝わる可能性がぐんと高くなります。

配達のおかもちの中にウチ以外の料理が沢山あったのもなっとく。
だっていろんな店への注文が、まとまって近くの店への注文ということになるのなら、夜中の余り注文の無い時間でも、注文がまとまった数取れる可能性があります。
このように違う店舗と見せかけて、実質中身は一緒。
広範囲に営業所的な物を構えて注文を様々な地区から取れる仕組み。
この仕組み自体はちゃんと公表してれば別に問題はなかったりしてしまうのかなぁ…。

でも、メニューは全く一緒なのにわざわさ全部「違う店舗」になってるし、同じ住所で別の店の名前を語ってるし、やっぱり真っ当ではないです。
しかも配達時間は異常に速かったりするので、味に頓着の無い客は何故か有料店舗とみなしてしまい疑問に思わないのかもしれません。

このような感じで仮に8つ程別の店舗だと思っていたのが実際には2つ程、あるいは全て同じで1つの店舗だったりするという気持ちの悪い推測が成り立ちます。
そしてもしかしたら、これらのお店の実店舗は実は1つも無いのかもしれません。

とっても気持ちが悪い。
でもこういうのも案外当たり前なのかな。
いやいや、安っぽい外食チェーンでもグループ企業としてきちんと公表してるよな。当たり前ではないよな…
法律的には何だかんだ言い訳つくのかもしれないけど、偽装気味にコソコソやってる感じが胡散臭さ満載に思える。

お店として「実」ジツが無さすぎ。
まともな店がこんな事する訳ないですよね…。




駄目押しに出前館での評価を確認してみます。
同じ系列と思われる店の特徴は、

*異常なほど評価が高い。満点レベルが幾つもついてます。でも一言褒めてるだけ(おいしかったです  だけとか)の具体例にかける胡散臭いコメントが殆どを占めてる。

*同じ人が日を変えて何度か高評価を投稿していることが多い。ひどいのになると連続5回位同じ人(苦笑)

*同系列とみなされる店舗同士で同じ人が同じ高評価で投稿していることが多い。

*一見高評価だらけの中に、たまにバッチリ低評価で激怒してる投稿が混じる。恐らくこちらが真っ当な評価。
ああ、これを見せない為に大量のサクラで客から目に入る所を埋める訳だな。やり口が一緒なうえ、日時が似通ってる。

*連続投稿のサクラらしきIDは調べると中華以外にも見受けられる。
しかもツメが甘いので恐らくバレてる事に気付いていないあからさまな連続っぷり。

と、こんな感じです。



証拠と呼べるほど確信を持てる物ではありませんが、ネットの表層を調べただけの浅い調べでこれだけ怪しさが繋がるのでちゃんとした人が調べたら直ぐ尻尾を掴めそうですね。


ああくだらない。
こんなもんに関わりたくないと常々思って生きていますが、そんな訳にも行きませんね。
当然ですが、食事は自分の家でちゃんと作る事。外食(出前)はなるべくキチンと信用出来るお店で。
当たり前の事です。
色々便利になったかのように感じる世の中ですが、その分しょうもない小さな落し穴も増えてるのを今更実感しました。
ここ数年間、猫とひき込もってるから僕は世間とズレてるのかもなぁ。


で、当然パート3もあって、それは各出前サイトの運営会社を少し俯瞰で調べてみた結果です。
これも浅いですが、割と分かりやすい結果が出てます。

なんだか目が疲れたのと、猫も起きてきたので続きは後日。


もしかしたら後で分かりやすくインチキ中華屋の相関図を貼っとくかもしれませんので、こんな下らない事に興味のある方は数時間後にこの記事をもう一回見てみて下さい。




汚らしい話の口直しにこちら、よろしければ今年の元日に出会った野生のニホンカモシカなぞ。
あー綺麗だわー野生動物。恥ずかしいわー人間。
f:id:yama-pen1972:20160516185411j:image


*よく読んで下されば分かるとおもいますが、決して出前館自体を中傷している訳ではありません。システムの穴をかいくぐって面白いやり方をしている(であろう)中華屋を小馬鹿にしつつ、逞しさに感嘆してるのです。はは。