読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫山節孝

最後には猫のお山で眠りたい

前を向いてグッチャグチャ

個展とドンかぶりで参加させて頂いた「作家Zakka百貨展」の打ち上げで楽しいお酒を17時位から飲んで、さっさと寝てしまったので朝4時には目が覚めてしまいました。

今日から個展の後半が始まりますので、夜型の体内時計が狂いに狂って超朝型になったのは幸先良い気がします。

こんな時こそ時間を有効に!と誰が見てるのかも分からない放置ブログを描くことにしました。

 

今回の個展の内容ですが、特に明確なテーマがある訳でも無く、春にやった個展以降の作品をメインに少々とっ散らかってます。

 

それでも最近意識して制作してるイメージはある程度一貫していて、「焦点のボヤけた群像劇」とでもいう感じかな…。言葉にするとイマイチピンとこない様な気もしますが、まぁそんな感じです。

 

黒澤明監督のマイナー映画「どですかでん」のような有象無象が寄せ集まった世界。

綺麗、汚い、美しい、醜い、バカバカしい、生真面目、時代も理屈もごちゃごちゃにして、信じるものも無い、信じたい物も無い、でものうのうと存在している(笑)

妙に生命力だけは強かったりして(苦笑)

 

うーん言葉にすると益々曖昧ですね。

でもコレを人間でやってしまうと壮絶な感じですが、動物  特に猫辺りに置き換えると妙にしっくりきて、すんなり入って来やすいんじゃないかなんて思ったりしてます。

動物嫌いな人には逆効果でしょうが(苦笑)

 

展示をザッと見た後になんだかグチャグチゃなんだけど地味〜に前向きなイメージをもって貰えると嬉しいのですが…。

どうなんでしょう?

 

「取り敢えず作れば出るからチビ猫リョーシカを作ってます 」などとうそぶいてはいますが、結構コイツラは大事で、絵と立体の散漫な間を繋いでくれる役目をしていたり、あちこちにいることで焦点がボヤけて狙いの有象無象感を出すのにかなり役立ってくれている気がします。

僕の散漫な心のだだ漏れを受け止めてくれてるのもチビ猫リョーシカなんです。

 

チビ猫たちを繋ぎにして他の作品を見て頂くと、よりグチャグチャして楽しめるかもしれません。

しかも紙に油彩の最近の軽めの作品自体、群像を描いてる物が多いので更にグチャグチャです。

 

おそらく僕を含めて猫好きはグチャグチャを楽しめるはずです。あいつらの整合性の無いグチャグチャ感は前向きで清々しいものです。

展示を見てそんなよく分からない前向きさを感じて頂けたら嬉しいです!

 

なーんて、強引に展示のグッチャグチャ具合を言い訳してみました。

 

ま、なんとなく楽しんで欲しいです。

で、懐に余裕がありましたら安い物でもご購入頂けると嬉しいです!

 

f:id:yama-pen1972:20160901072132j:image 

 

画像は猫と映画ので企画展「キネマ猫町」に出品した「どにゃすかでん」です。

ご存知黒澤明監督の「どですかでん」に僕の愛を込めたオマージュです。原作は山本周五郎の「季節のない街」

 

商売気ゼロで描いた絵と勢いあまって作った立体。

粋なご夫婦が気に入って下さり、流石に絵ではありませんが、小さな立体をご購入して下さいました!

しかも「どですかでん」を見てらっしゃらないということ。

本当に良いんですか?と3回は確認してしまいました。

こういう嬉しい誤算は作家冥利に尽きます。

本当にありがとうございました!

何だか暑苦しいどですかでん愛の講義も聴かせてしまい申し訳ありませんでした!

映画を見て、げんなりしても作品は大事にしてくださいねっ!

 

個展も残すところあと4日。谷中散策のさいにはグッチャグチャ具合を冷やかしに是非覗いてみて下さい!

 

f:id:yama-pen1972:20160901072319j:image